スノーボードしたいけど、初心者でも楽しいゲレンデないかな?

友達のスノーボードデビューに優しくて、かつ自分も思い切り滑れるゲレンデってないかな?

って思っているあなた。

ゲレンデの選び方でスノーボードの始まりが苦い思い出に、なんてこともあります。

たくさんの初心者を教えた私が、楽しくデビューできるおすすめゲレンデを紹介します。

1.どんなコースだとスノーボード初心者は滑りやすい?

この記事を読まれているあなたはスノーボードをすでにしたことがあるでしょうか。もうスノーボードをしたことがある方ならなんとなくわかりそうですね。

IMG_8425

初心者のスノーボーダーが滑りやすいと感じるのは

初級ゲレンデのコースの幅が広いほど滑りやすい、です。

 

初級コースでも横幅がせまいと、後ろから滑ってくる人が気になったり、こけたときに自分のことを避けてくれるかということも心配になります。

また、コース幅がせまいと「止まることができるのだろうか」など不安に思うことがぽんぽんと頭に浮かんでしまい、滑ることに集中できないのです。

特に、初級者コースが林間コースしかないようなところは注意です。

林間コースとは文字通り、森の中を開拓してなだらかなコースを作っているのですが、森を切り開いているのでコースはそこまで広くないところが多いです。

「長い距離の初級コースがある!」と思った時は林間コースの場合も多いので注意しましょう。

 

また初級ゲレンデが山麓ベースからアクセスしやすいと不安は減ります。

初心者にとっては、疲れたと思ったらすぐに休める環境があるとホッとしますよね。

 

スノーボードをはじめたときは短いリフトで何度も滑ることができるのが理想です。

慣れていないのに長いコースを滑るというのは初心者の人にとって大変なこと。

細かく言うとコース長が600mぐらいが滑りやすいですね。

でもなかなかコースの長さを調べている人はいないと思います。(マニアックですみません・・・)

リフトの長さやコースの長さは各ゲレンデのサイトにリフト情報、コースマップとしてのっています。

「普段滑っているコースの距離はどのぐらいだろう?」など気になったらぜひチェックしていみてくださいね。

 

また、ゲレンデ内に「初心者練習バーン」を設けているところもおすすめです。

文字の通り、スタートするのに最適となるよう準備してくれているコースです。

ゲレンデによってはムービングベルトという動く歩道がついていて、体力をけずることなく練習できるところもあります。

 

こういう点も踏まえてゲレンデ情報やコースマップをチェックするといいですよ!

2.ゲレンデを120%楽しむ!スノーボード以外でも楽しいサービスは

ゲレンデって滑るだけ!って思っていませんか?

実はいろんなゲレンデがスノーボードヤスキーで滑ること以外にも力を入れているところがあるんですよ。

2-1.ゲレンデDJがいる

例えば、常設DJがゲレンデにいて音楽リクエストに合わせて曲をかけてくれるサービスも導入されています。

メッセージも添えることができるので、本日のスノーボードへの意気込みなどと一緒に思い出の曲がかかるのです。

グループに誕生日の人がいれば、おめでとうメッセージを伝えると忘れられない誕生日になりますね!

自分や友達のお気に入りの曲をリクエストしてテンションあげて滑りましょう!

2-2.雪上のアクティビティが充実している

アクティビティーが充実しているゲレンデもあります。

雪上の特設コースをモービルという雪上バイクで引っ張られる、バナナボード滑走はわくわくとスリルで普段は味わえない体験です。

スノーシューを履いてトレッキング、つまり雪を歩いて散策するツアーもあります。

キャットと呼ばれる雪上車で雪山を贅沢にクルージングするツアーが設定されているところもあります。

2-3.ゲレ食に力を入れているところが増えた

そして最重要なこと。

おいしい昼食を食べるということです。

おいしいものを食べると自然と笑顔になりますよね。

会話もはずんで一石二鳥。

心も体もリフレッシュできます。

ゲレンデでの食事、通称ゲレ食に力を入れているところが増えました。

昔はゲレ食=冷凍食品でまずい

というイメージでしたが最近は違います。

地産地消を売りにしたり、本格的なレストランがあったり、おしゃれなカフェがあったりとどんどん変わっています。

例えば、福島県アルツ磐梯ではまずかったら返金する、というシステムのこだわりスパイスを使用したカレーライスがあります。

ゲレンデといえばカレーライス!

不思議ですがゲレンデで食べるカレーライスは確かに絶品なんですよ。

アルツ磐梯のカレーライスは返品する必要がないぐらいおいしいので、ぜひ食べてみてくださいね。

 

また新潟県かぐら・みつまたスキー場のみつまたエリアにあるレストランみつまたではおいしいラーメンや中華料理を食べることができます。

ラーメンを注文された方は、メンマ、ワカメ、コーン、ネギがなんとトッピング自由となっています。

さらには油淋鶏(ユーリンチー)定食も絶品です。

日替わり定食も準備されており、数量限定でお得なランチも用意されているので何回行っても飽きずおすすめです。

(2020年1月現在ではオーナーが変わったとのことでこちら食べれなくなりました・・・残念。ピザ窯のあるレストランができたとのことなので、行ったらまたお伝えしますね!)

 

群馬県川場スキー場にあるPIER39もおすすめです!

サンドウィッチとホットドッグを主にあつかっています。

中でもビーフステーキにたっぷりのチーズがかかったフィリーチーズステーキサンドがおすすめです。

ボリューム満点!プラス料金でスープとドリンクのセットにもできます。

店舗のすぐそばにスケートランプもあります。

使用料やルールがありますがスケートボードもできるし、滑っている人を見るのも楽しいですね。

 

ランチに関してはまだまだおいしいところがあるのでこれからもブログネタとして取り上げていきたいと思います。

このようにスノーボードで滑ること以外の楽しみもあれば、万が一、滑ることがいやで心が折れた時の息抜きになるので事前にチェックしていると鼻が高いですね。

3.初心者でもスノーボードがもっと楽しくなるなるAちゃんのおすすめゲレンデ

日本全国、楽しいゲレンデはたくさんあります。

その中でも私がおすすめする初心者も楽しむことができるゲレンデを3つ紹介しましょう。

3-1.SKIジャム勝山スノーリゾート(福井県)

福井県の勝山市法恩寺山に位置するジャム勝山スノーリゾート。

ここは大阪から約3時間、名古屋から約2時間でいけるスノーリゾートです。

ゲレンデサイドにホテルが併設されており、宿泊も可能です。(ちなみにきれいで、バイキングもおいしくて、温泉も気持ち良くておすすめなホテルです!)

 

ゲレンデ下部に初心者練習エリアがあり、ムービングベルトで短いコースを歩いて登ることなく楽にスノーボードデビューできます。

またソリで遊ぶエリアや遊具も設置されているので親子で楽しめます。

 

ベースエリアのレストラン横にはDJブースがあり、日替わりでDJがリクエストの曲をかけてゲレンデを盛り上げています。

誕生日メッセージ、応援メッセージ、告白などあなたに代わってDJが読み上げてくれるので、ぜひ大事な日やお友達、家族と来られた記念に思い出の曲のリクエストしてみてはいかがでしょうか。

3-2.栂池高原スノーリゾート(長野県)

栂池高原は何と言ってもコースの幅が広い。

そのため初心者の方もとっても練習しやすいのです。

初心者が練習しやすい初心者コースも充実しておりターンの練習がしやすいです。(私の姉もここでスノーボードデビューしました!)

 

また、ゴンドラで一気に山頂まで上がることもできます。

そうなると、上部の雪質の良いところで練習して、ゴンドラで下山するという選択肢も選べることができます。

ゲレンデでは標高によって雪質が全くちがうことがあるので、ゴンドラがあるかないかもゲレンデ選択の大事なポイントですね。

 

またたくさんのランチポイントがあります。

栂池レストハウスの日替わり丼やバーガーキング、クレープなど選べるのがまた嬉しいところです。

山の上からの眺めは素晴らしいのでぜひ一度はゴンドラに乗っていただきたいです。

3-3.星野リゾートアルツ磐梯(福島県)

こちらは初心者に実に優しいゲレンデです。

無料のスノーエスカレータもあるのでしっかり練習してからリフトに挑戦できます。

さらには19歳から24歳に該当するのならリフト券の割引等が受けられるのでその分おいしいご飯を食べたり、スノーアクティビティーに挑戦したりすることがしやすくなりますね。

ある程度滑れるようになればゴンドラに乗ってみましょう。

初級者でも頑張って滑り降りることができるので休憩も入れながらロングランに挑戦するのもいいですね。

お昼の休憩もいろんな料理が準備されているのでぜひお昼を楽しみに滑るといいですね!

4.まとめ

もっともっと紹介したい楽しいゲレンデがありますが今回はこの辺りで。

スノーボードデビューや初心者さんにとってはコース幅が十分に広くて、できれば初心者練習バーンがあるといいですね。

ゲレンデに占める初級コースの割合を参考にゲレンデを決めるのもおすすめです。

またおいしいものを食べると自然に笑顔になるのでおいしいゲレ食があるところを選ぶのもありですよ!