スノーボードの用具の中で一番こだわるべきものはブーツです。ブーツがあっていないと楽しいはずのスノーボードがただ辛いということになりかねません。

体にフィットするものは一番こだわる方がいいです。足の形も千差万別、自分に適したブーツの選び方をスノーボード初心者さんも知っておきましょう。

スノーボードブーツの選び方が最重要項目である理由

スノーボードを経験したことがある人のほとんどの方はこういうと思います。「スノーボードのギアで一番大事なのはブーツだ」と。これは私も大賛成です。

IMG_9213

なぜかというと、ブーツがあっていないとスノーボードすることが苦痛になりかねないからです。ブーツがあっていないと、靴擦れを起こしたり、足のどこかが当たってどんどん痛くなるなどという痛い思いをする可能性があるので、自分に合っているブーツを見つけることを強くおすすめします。

そして足の形は人それぞれ違います。足幅の広い人、狭い人、甲の高い人、低い人、外反母趾の人など色んな人がいますよね。普段の靴でもなかなか自分に合うものがない、という方もおられるのではないでしょうか。

普段の靴もあっていないと痛い思いしますよね。スノーボードブーツも一緒です。そんな痛い思いをしてスノーボードが楽しくない!なんてことにならないように、スノーボードブーツは自分に合ったものを選びましょうね。

自分の足に合ったブーツと出会えればスノーボードがもっと楽しくなること間違いないですよ。

スノーボード初心者さんはまず初めにブーツを買おう

スノーボードのギアには板、バインディング、ブーツ、アウターウェア、ゴーグル、グローブ、インナーウェアなどなど多くのものがありますよね。その中で真っ先に買って欲しいものがスノーボードブーツです。

レンタルブーツは長い間色んな人に使われていて衛生面もイマイチ。最近ではEVAを使用した丸洗いできるインナーを使用しているところもあり衛生面は改善されたものも、まだ導入途中であったり、知られていなかったりするのが現状でしょう。

長く使われていることでブーツのアウターもクタクタになっていることもあり、捻挫しやすいこともあるでしょう。さらにはレンタルで借りたものがあなたの足の形に合うとは限らないので合わなかった人は痛い思いをしたかもしれません。

以上のことから、まず初めにマイブーツをゲットしましょうね。あなたの足にあうのはどこのブーツでしょう。スノーボードショップに行くと足のサイズを測ってもらえます。普段の靴も参考にしますが、一度きちんと計測してもらうことをおすすめします。

測ってもらったサイズを元にブーツを試着しましょう。サイズを調べてネットで購入するのは残念ながらおすすめしません。特にスノーボード初心者さんはまずはショップで選ぶことをおすすめします。ブーツも各メーカーでサイズ感も変わりますし、モデルによって形も変わります。たくさんのモデルを履いてもっともフィットするものを選ぶことをおすすめします。

メーカーやモデルによって足幅のサイズが変わりますし、甲の高さもそれぞれです。足の形、くるぶしのあたり方、かかとの浮き具合、ブーツの硬さなどを試着して痛くないか、しんどくないかをチェックしましょうね。詳しい選び方は次の章でお伝えしましょう。

スノーボード初心者さんもどんなブーツがあるか知っておこう

それではスノーボード初心者さんでも自分に適したブーツが見つけられるようにブーツについて説明しましょう。

まずはブーツの構造を理解しましょう。ブーツには一番外のアウターと呼ばれる部分と、実際に足に密着するインナーブーツ、そしてインソールが入っています。

アウターの部分の大きな違いはどうやってブーツをきつく締めていくかということです。オーソドックスな紐で締めるタイプ、紐を引っ張ると締めれるスピードレースタイプ、そしてBOAと呼ばれるダイヤルで締めるタイプの3つに大きく分けることが可能です。

まず、紐で締めるタイプのメリットは、自分で好みのきつさに細かく調整が可能であること、万が一紐が切れても自分で交換が簡単であることが挙げられます。マイナス面としてきつく締めるのが大変だったりコツがいることです。女性など力の弱い方は好みのきつさまで締めるにはコツと慣れが必要になることもありますね。

続いてスピードレースタイプ。持ち手を持って上に引き上げることでブーツが締まっていくのでオーソドックスな紐に比べて簡単に楽に締めることが可能です。脱ぐときも簡単に緩むので脱ぐときも簡単です。デメリットとして留め具等などが故障してしまった場合自力で直せない場合があることです。

最後にBOAタイプ。ダイヤル部分を回せばワイヤーが巻き取られてしまっていくという仕組みです。ダイヤルを回すだけなのでブーツを締めるのに力がほとんどいらず楽です。本当に簡単に締まります。全体を締めるものと、タンと呼ばれる足首部分だけを締めるものなどモデルにより変わり、昔よりもBOAの使い勝手が良くなっています。デメリットとしてワイヤーが切れたときの交換にコツがいり面倒であること、ダブルBOAの場合に細身パンツの裾が入らないことがあることです。

アウターのブーツの締める方法のチョイスで好みのブランドや形が出てくると思います。

続いてインナーのお話。初心者さんでも足の形に不安がある方はここをこだわった方がいいでしょう。

インナーには熱成形して自分の足型にブーツを記憶させる(ブーツを焼くという)ことのできるものがあります。DEELUXブーツやRIDE SNOWBOARDSやK2で使用されているインチューションのインナーは熱成形することでフィット感が向上します。熱成形することで初回からブーツが足に馴染み、スノーボードすることをスムーズにしてくれます。

または熱成形しなくても使用するうちにじわじわと自分の足型に成熟していくインナーを使用しているところもあります。代表的なものとしてBURTONのブーツが挙げられるます。

アウターとインナーの特徴を理解して、次の章で試着の際の着眼点を理解しましょう。

スノーボードブーツを試着する際の注意点と選び方

ここまできたら初心者さんも大体のスノーボードブーツの種類が分かったと思います。それでは実際にスノーボードショップに足を運んで、自分の足に合うブーツを探して、試着してみましょう。この試着する際のポイントがいくつかるので初心者さんにもわかりやすく説明します。

まずはブーツを試着する際はスノーボードで使用する靴下を忘れず持って行きましょう。厚手の靴下を持っていくといいでしょう。

足を計測し、サイズがわかったら自分のサイズのブーツを準備してもらいましょう。靴下をしっかり伸ばします。しわになる部分が当たると足が痛くなる原因になりますので注意を。

ブーツに足を通したら紐を締める前にしっかりかかとをとんとんとして合わせます。このかかとに合わせることが大事です。必ずしてくださいね。ここでつま先が当たるようだとそのブーツのサイズが小さい可能性があるので店員さんと相談しましょう。そしてインナーブーツの紐を締めます。締め加減は好みで。

さらにアウターブーツも締めましょう。好みのかたさまで締められたら立ち上がり、屈伸したり歩いてみましょう。つま先に体重をかけるような動作もしてみましょう。かかとが浮くような感覚はありませんか。その場合はサイズが合っていない可能性もあります。足のどこかが当たって痛くなることはないでしょうか。気になるブーツが出てきたら5分ははいて足が痛くならないか、当たっているところがないかとチェックしましょう。

この作業を怠らず、自分の足にフィットするブーツを見つけましょう。大事なことなので妥協せず、自分のベストブーツを選びましょうね。初心者だからわからない、となった場合は店員さんと相談しながら決めるといいブーツが見つかるでしょう。

ブーツの選択とともにインソールもこだわる方が足が疲れにくくなります。SUPERFEET(スーパーフィート)やBANE INSOLE(バネインソール)などのようなインソールを買って使用することでフィット感がアップしたり、足裏を上手に使うことが可能になるのでおすすめです。

またインソールはセミオーダーやフルオーダーでも作成してくれる整骨院やクリニックもあり、アスリートや足にクセのある人は自分のインソールを作っています。お金に余裕があればぜひトライしてみましょう。足裏が変われば世界が変わりますよ。

まとめ

スノーボードで大事なのは足元。ブーツはスノーボード初心者さんも妥協せずしっかりこだわって見つけて欲しいギアです。

今回の記事を参考に選び方を覚えてあなたのパフォーマンスを上げるベストなブーツを見つけてくださいね。

関連記事はこちら!