スノーボード用品は世の中にたくさんの種類が準備されています。スノーボードの板、ビンディング、ブーツなど、それぞれ硬さや長さなどによって目指すスノーボードスタイルも変わってきます。

今回はビンディングの種類や硬さなどの選び方について紹介したいと思います。

スノーボードにおけるビンディングの役割とは

ビンディングとはスノーボードと足をくっつけておく大事な役割を持っているスノーボードギアです。これがないとスノーボードから足が離れてしまい、ボードのコントロールができなくなっていしまいます。(実際はできるかもだけど難易度が上がってしまう。ビンディングがない時代はスナファーというものもあった)

ride_1617_rodeo_grey

ビンディングの各名称はアキレス腱からふくらはぎにあたる部分をハイバック、かかとをホールドする部分はヒールカップと言います。

足首をホールドする部分がアンクルストラップ、つま先をホールドする部分がトゥーストラップでそれぞれのストラップを止める部分をラチェットと呼びます。

靴底の部分でビンディングの角度を調整する丸いディスクがベースプレートです。

ちなみにビンディングとはBindingと書き、ドイツ語読みがビンディング、英語読みがバインディングとなります。ビンディングは主にスキーのものを指し、スノーボードでは主に英語表記の方のバインディングということが多いです。だいたいバインと略して呼ぶことが多いので覚えておきましょう。

スノーボード初心者にオススメのビンディングの選び方

さて。ビンディングの各名称についてわかりましたね。

ではビンディングにはそれぞれどんな違いがあるのでしょうか。

まずはハイバックの硬さ。これが硬ければ硬いほど自分の起こした動きとスノーボードへの伝達が最も早く伝えることができます。そのことを「レスポンスが早い」という人もいるので知っておくといいでしょう。

硬いと自分の少しの動きもシビアに伝えることができるため、シビアなエッジワークを必要とするカービングや、高速での滑走、ハーフパイプなどの動きをする人が好むと言えます。硬さを出す分、やや価格は高めになることが多いです。

ハイバックが柔らかい場合。足首の自由度が増すため足首までをうまく使うことができ、滑りにスタイルを出しやすくなります。ジブやパークを滑走する人やスケートライクな滑りをしたい人、足首までスタイルを出したい人が好みます。

初心者にオススメするのはどちらかというと柔らかいハイバックのビンディングを選ぶほうがいいでしょう。自由度を奪われる硬いハイバックはある程度の脚力を必要とするので、まずは柔らかめのものでスノーボードを行う際の足の状態になれるといいのではないでしょうか。

また、素材もそれぞれメーカーで違いがあり、アルミやプラスチックなどの違いもあります。重さも変わりますので確認しましょう。

一番の最重要なことは「ブーツとビンディングの相性」です。もしあなたがすでにブーツを持っている場合はそのブーツとビンディングのヒールカップがしっかり合うか、トゥーストラップがはまるかなどの確認が必須になりますので、もしどちらかを持っていて購入を考えている場合はブーツとビンディングの相性を第一に考えましょう。

スノーボードビンディングの歴史

スノーボードの始まりと言われるスナファーというものにはビンディングは付いていませんでした。そこから雪の上を滑る道具としてのスノーボードにスリッパ型で足を突っ込みかかと側はゴムバンドで止めるタイプのビンディングの先駆けの形となるものがBURTON(バートン)から発売されました。

その時点では足首がとても自由に動けすぎるがゆえに滑りにくいのではないか、という一部ライダー、プロダクトより足首をホールドするハイバックが生まれました。

当時はまだソフトブーツで足首の自由度が高く、現在ほどの足首ホールド力はなかったようです。

その後3ストラップのビンディングや、ベースプレートレスのビンディングが登場しました。

そして時代はニュースクール時代へ。スケートボードのスタイルをスノーボードに取り入れる動きが働き、ローブーツにローバックのビンディングが出現し、ハイバックのないノーバックのタイプのビンディングなどの足首の自由度の高いアイテムが流行りました。

その後、着脱を簡単にスピーディーにと、ベースプレートに足を置くだけでビンディングと接続されるステップインスタイルのものも発売されました。

現在では各メーカーより、ハイバックの高さや柔らかさなど多くのプロダクトが発売されており、より選択肢が広がっていると言えます。

まとめ

スノーボードにおいてビンディングはブーツとスノーボードをつなぐ重要なギアの一つです。初心者の方は初めてのスノーボードで足首の自由が奪われてしまうことに慣れていません。

それゆえに、あまりにもビンディングのハイバックが硬すぎると自分自身の足の動きがダイレクトに伝わりすぎて滑走が不安定になる可能性があります。

初心者の方はまずは柔らか目をチョイスして、慣れてきたら自分の滑りたいスノーボードスタイルに合わせたビンディングを選びましょう。

関連記事はこちら!