脱スノーボード初心者するにはカービングターンが出来ないとダメ!?

スノーボードでターンができてくると次は何ができるようになるのだろう?とワクワクしますよね。

普通にターンが出来るようになったらターンを極めるためにカービングターンを練習したほうがいいのかな?という初心者の方に、カービングターンはもちろん、次のステップのお話をします。

スノーボードで自分の思い通りにターンが出来るようになった方へ

スノーボードを始めた時は、こけ方から止まり方、まずはサイドスリップ(木の葉滑り)、ターンと初級から上級までの様々なコースに挑戦しますよね。

自分の思い通りに滑れるようになるまでのスピードは人それぞれです。スノーボードに慣れるにはスピード感に慣れることも大きな要素なので、速く滑ることに慣れると上達もスピーディな気もします。

IMG_1614

初級から上級などゲレンデには様々なコースがありますが、どのコースでもターンが思い通りにできるとなればあなたは完全に上級者です。

まずは初級コースで思い通りのターンが出来るように頑張ってみましょう。いろんなコースを滑ることも上達の近道なのでサイドスリップででも中級、上級コースに挑戦してみることもすごくいいことですよ。

ちなみにターンにはショートターンとロングターンの2種類があります。

ショートターンはターンの切り替えを短く行います。ショートターンだけで滑っていくとゲレンデの幅はあまり使わないとも言えますね。ショートターンはエッジの切り替えが忙しいので結構難しいです。

ショートターンはコントロールできないうちはどんどん加速してしまうので同じスピードでターンを維持できるとかなりの上級者ですね。

反対にロングターンはゲレンデの端から端までを使うように広いターンをすることです。ゆっくりとしたターンができます。ターンをじっくりするにはロングターンを覚えてもらうことが多いですね。

エッジに乗り続ける、という感覚が覚えられるのはロングターンなので初心者の方ほどロングターンを意識してもらうことが多いです。

スノーボードのカービングターンはこういうこと

カービングターンはターンの進化系だと思うといいです。カービングターンを練習するとスノーボードの板の乗り方、と言いますか操作性が上がります。

カービングターンがわかってくると滑り方が変わり、「あの人うまいね!」となることもあります。

そもそもカービングターンとはエッジを雪面にしっかり噛ませてスピードロスを少なく深いS字のターンすることです。

カービングとは曲がる意味の(Curve)ではなく彫る(Carve)という意味のカーブなのです。つまり雪面を彫るぐらいしっかり踏むということですね。

ずれるターンとはターンの時に板がずれてブレーキをかけながらターンしているのです。ずれた分スピードがロスしますね。

それに比べてカービングターンとはエッジとエッジの切り替えもスムーズで、ターンでもしっかりスノーボードの板に乗りこなしエッジを上手に使って線でターンを続けて行きます。

そのため、カービングターンができる上級者はターンとターンをつなぐことでで加速することができるのです。

カービングターンの基本は「角付け」「加重」「ローテーション」です。

前足のとトゥサイドもしくはヒール側のエッジを雪面に刺す「角付け」をする。この際、谷側つまり進行方向に板の先端を向け落としているところで重心は前足です。

そしてエッジにしっかりと「加重」を前足、真ん中、後ろ足をに移しつつ、上半身を被せながら進行方向に向けていく「ローテーション」と斜面を切れ上がるぐらいを目標に、まずは意識しましょう。

斜面を切れ上がれるようになれば、それはしっかりと加重できている証拠になります。

そしてしっかりエッジに加重するためには体のポジションが高いときちんと踏めないので、ドシっと腰を落として滑る練習が必要ですね。

スノーボードのカービングターンは奥が深い

スノーボードの滑走技術の中で、カービングターンは基礎であり、かつ奥が深いものです。かつ、カービングターンの滑り方を知ることで板の操作性が上がり上達するスピードも加速するでしょう。

どんなコンディションでも、どんな斜面であってもカービングできるとしたらその人は相当な上級者と言えますね。板のコントロールができている証拠です。

斜度がきつくなればなるほど角付けの際のスピードがどんどん出てしまうので、まずは初級コースのなだらかなところで一つ一つの動作をしっかり意識してターンの練習をしましょう。

完璧なカービングターンまでの道のりは簡単ではありません。「角付け」「加重」「ローテーション」を意識しながら滑ってみましょう。

まずはエッジにしっかり乗る感覚を覚えるためには「抜重」を上手にすることが大事です。「抜重」とは字の通り体重を抜くこと。ぐっと体重をかけたらふっと体重を抜くことも大事です。

この「加重」「抜重」をうまく切り替えることでメリハリのついたターンをすることが可能です。「加重」「抜重」でしっかりメリハリをつけることで脱初心者っぽい滑りに近づきます。まずはその練習から始めるといいですね。

しっかり腰を落とす練習としてグラブターンもいいですね。

ヒールサイド側エッジを使うバックサイドターンの際は後ろ手で両足の間トゥ側をつかむインディーグラブしながらのターン、トゥサイド側エッジでのフロントサイドターンの場合は前手でヒール側の両足間をつかむメランコリーグラブでのターンもトライしてみましょう。

グラブする際は猫背にならず上体は起こしておくようにしましょうね。

初心者さん脱出のためのスノーボード,次のステップ

スノーボード初心者さんからの脱却。のためにカービングターンが必須かと言われれば、まあそれも一つの手段、という感じですね。

確かにカービングターンの基本を知っていれば、板の操作性も上がり、滑りの幅も広がります。カービングターンも練習しつつ、いろんなところを滑ることが脱初心者さんへの道のりだと思います。

例えば地形遊びをする滑り方ですね。

ゲレンデは滑りやすいように間伐されていたり、フラットになるように整備されていますが、自然の地形ですので山になっているところ、急に斜度がきつくなり落ちているように見えるところ、ゲレンデのサイドにある壁のような地形など、実は活用して滑ることができるのです。

人工的にウェーブと言って山がいくつも連なった地形を作っているようなところもあります。

そのような起伏を滑ることも脱初心者への道のりですね。

山を上がりながらジャンプしたり(スノーボードでジャンプすることをオーリーという)、急に落ちている斜面の切り替え部分で飛んでみたりと遊び方はいっぱいあります。

はじめはゆっくりのスピードで挑戦して、徐々にスピードを上げながら滑る、という感じにステップアップしていきます。

どんなに上手い人もそうやってステップを踏んで上達していたので焦らずゆっくり行きましょう。

何か刺激が欲しくなったら、スノーボードパークに挑戦してみることもいいですね。

全ての基本は地形遊びやカービングターンを織り交ぜたフリーランなのですが、パークなどの人工地形は新しい刺激となり、スノーボードがより楽しくなるスパイスなので挑戦されることはいいことだと思います。

上達することでよりスノーボードが楽しくなるので是非いろんなことに挑戦して、自分の好みの滑りを見つけて、さらに追求して滑っていただければ、スノーボーダーとして嬉しく思います。

まとめ

カービングターンとはターン技術の基礎であり、応用でもあり、簡単なものではありませんが、板の操作性が上がり、スノーボードが上達するので挑戦する価値はあります。

かといって、脱初心者になるための必須項目ではりません。地形遊びも入れて、いろんな地形をコースを滑って上達することが大事だと思います。どんどん滑ってもっとスノーボードを楽しみましょう!

関連記事はこちら!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ