スノーボードがうまくなると楽しくなってより何かにトライしたくなります。オリンピック選手でもある角野友基選手(RIDE SNOWBOARDS)や、平野歩夢選手(BURTON)、平岡卓選手(BURTON)の活躍による影響もあり、ハーフパイプやジャンプやジブがあるスノーパークの人気が高まっています。

現在ではたくさんのゲレンデでスノーパークが常設されています。中でも今回注目したいのは奥志賀高原にできたハイカスケードパーク。こちらを紹介したいと思います。

12651131_838174282959378_7724309193597495095_n

High Cascade Park(ハイカスケードパーク)って何?

ハイカスケードパーク、あなたは知っていますか?

アメリカのサマーキャンプで有名なのです。ハイカスケードスノーボードキャンプといって、アメリカはオレゴン州にあるMt.Hood(マウントフッド)で行われるサマーキャンプです。その山ではシーズンで7〜8mほど積もるのでなんと9月ぐらいまでオープンしているゲレンデで行われます。

アメリカの子ども達は夏休みに何かしらのキャンプに参加する習慣があります。そのうちの一つとしてスノーボードキャンプが位置付けられているようです。

そのスノーパークがとても楽しくて最高なのです。キッズも大人も楽しめる設計になっています。オペレーターも世界でパークを作っているプロであり、できるだけケガのリスクの少ないように安全設計されています。

そして最高のクオリティから、世界中からプロライダーが集まる異様でありなんともスペシャルな場所となるのです。夏のオレゴンは晴天率が高く、空も濃い美しい青色。それに白い雪。撮影には完璧な条件で多くのプロライダーが映像を写真を残すために訪れるといっても過言ではありません。

なんにせよ環境が最高です。緯度が高いので夜の9時になってようやく陽が落ちます。3時にリフトが終わって滑り終えた後も、さあ!とまだまだ遊べてしまうのです。まるでネバーランド。

という、なんとも素敵なパークが長野県の奥志賀高原にオープンしました。本来のハイカスケードパークは初級から上級のパークアイテムが並びますが、今シーズンは初級から中級者に向けてのアイテムが充実しています。簡単なアイテムながらも想像力を働かせて多くの遊びが出来るので上級者もばっちりと楽しむことができます。

ハイカスケードパークが初心者にオススメな理由

ハイカスケードパークはもともとキッズのために作られました。初めてのスノーボードデビューから大人顔負けのアイテムまでおおくのアイテムが設置されています。初めてのスノーボードでも、初めてのパークでも痛かったり怪我したりというのは嫌なものです。

そのためパークデビューでも痛くなくて怖くない設計にされているのです。パークを設計、増設する人のことをパークオペレーターというのですが、日本のハイカスケードパークも本国に負けない最高のクオリティーを提供したいとのことで、本国アメリカより来日していただきパーク造成されているのです。たかがパーク、されどパーク、ですね。

さらにパークの整備をする人たちのことをディガーと呼ぶのですがディガーがパークの上部や下部、もしくは滑っているので、初めてで怖い、などの時は話しかけてアドバイスをもらいましょう。きっと親切に教えてくれるはずです。

先日のオープニングイベントではプロのスノーボーダーが訪れ、デモストレーションライディングや無料のワンポイントアドバイスが行われました。私も一緒に滑ってアドバイスさせていただきました。短い時間ですが上達の糸口を見つけてくれたようです。またそれぞれの協賛メーカーより協賛品のプレゼント大会もありました。このようなイベントはこれからも行われる予定なのでぜひ今後のハイカスケードパークの情報をチェックしてくださいね。

12645195_838174426292697_8949577613741785211_n

奥志賀高原がスノーボード解禁になりました

奥志賀高原は広大な志賀高原エリアの最も奥にあるエリアとなります。実は昨シーズンまではスキーヤーのみ滑走でき、スノーボードは滑走不可でした。未だ、このようなゲレンデがあることにびっくりしますが、今シーズンは待望のスノーボードも解禁!嬉しいニュースですね。

私も初めて行ったのですが、地形がいいのでフリーランが楽しいことと、何より雪質がすごくいいのです。言ってみれば山の奥の奥で標高も2000mと高いため他では味わえない極上のパウダーに当たる確率が高いといえます。

フリーランはもちろんのこと、パウダースノーボードもパークライディングも楽しむことが可能です。

全長600mのパークを楽しむためにパークサイドにリフトもありますが、ゴンドラで回すことも可能です。フリーランを楽しんで流れでパークに入りまたゴンドラに乗車が可能。悪天候時もゴンドラに乗車すれば気になりません。これはかなりのおすすめポイントといえます。

まとめ

スノーボードのパークにデビューするのに躊躇している人はぜひ奥志賀高原スキー場に足を運んでみてはいかがでしょうか。初心者から上級者まで楽しめるゲレンデで、自分が実際にスノーボードしても、上手な人を見ることもすべて楽しめる場所です。

様々な人の熱い思いがぎっしり詰まった奥志賀高原のハイカスケードパークでスノーボードを全身で楽しみましょう。

関連記事はこちら!