まいど!A子です。 (@active5eiko)

ふと思い立って伸ばし続けてようやく。

ヘアドネーションさせていただきました。

このことを知って、何かの役に立てれば、と思って3-4年?伸ばし続けてようやくです!

ヘアドネーションってなーに??

簡単に言うと、髪の毛の寄付です。

みなさんの髪の毛を募って、病気で髪の毛を失った子どもたちのために小児用のかつらを作成するのに使われます。

柴咲コウさんとか水野裕子さんとか有名な方がされてますね。

カツラってめちゃめちゃ高いんですよ。なので特に人毛を集めて作るカツラってすごく意味があります。

寄付するぞー!!!って意識の高い方はカラーもパーマ全然しない素晴らしい方も。ほんと尊敬。一番ベストはワンレンロングで段も入れないと1人で結構な量のドネーションができます。

わたしにはそこまで無理。。。

私はわがままでして伸ばす過程も楽しみたい。その長さでしかできないヘアでありたい、自分に正直な人です。

なので私の髪の毛はブリーチもカラーもしました。痛んでいるので補修はもちろんちゃんとしてました!

トリートメントして少しでも状態良く努力はしていました。

髪の毛は綺麗な方がいいですしね!手触り悪いと自分も凹む。。

ヘアドネーションするための条件は??

ヘアドネーション するためにはどんな条件があるのでしょう??カラーもパーマもしてないバージンヘアしかダメなのか、、、?

と調べましたら。

ヘアドネーションの髪の毛の条件はブチブチとちぎれないこと、です。

これだけ。

カラーもパーマもオッケーなんですよ!

なので、もう使えない、、、、なんて思わないで!

あと、寄付先によって15cm以上のところ、31cm以上のところがあります。

51cm以上のスーパーロングだとかなり重宝されるようです!

(そうですよね。その分ロングヘアのウィッグが作れますもん!)

超ロングの人、バッサリの時はぜひヘアドネーションを、、、(切実)

1つのカツラを作るのに5-6人の髪の毛が必要と言われています。

訂正!!!ご指摘いただきました!

正しくは20−30人の髪の毛を使用して1つのウィッグが完成します。

でもワンレンロングで一切髪の毛をすいてしていない髪の毛の場合は5−6人分の髪の毛で1つのカツラが作成できる、の間違いでした。

こう考えると本当に1つのカツラができるまで、尊いですね^^

何十人の方の思いが詰まったカツラになるのですよ。

万が一、ドネーションしてもカツラに使用できない場合は美容師さんのカットやカラーの練習として使われることも。

つまり、あなたの髪の毛はどんな形であれ、活用されるということです。

やらぬよりやる偽善、髪の毛を15cmは切ります!という方はぜひ、誰かのためにいかがでしょう?

今回ご協力いただいたのは、荻窪の美容室Nimoさん、ヘアカット撮影にロングトゥショート代表ばししさん、寄付先は女子高生ヘアドネーション同好会でした。

美容室によってはヘアドネーションしていないところもあるようですが、How toがサイトにもありますのでそちらを美容師さんに見せたり、ヘアドネーションに対応している美容室に行くのもいいですね!

まとめ

ヘアドネーションは難しいことではありません。

15cm以上カットする場合は、一度ヘアドネーションという方法を取ってみてはいかがでしょうか。

あなたの髪の毛が誰かを笑顔にする可能性があります。

一歩。

やらぬ善よりやる偽善。

行動しませんか?

関連記事はこちら!