まいど!A子です。(@active5eiko

夏もスノーボードしたいあなた。

海外でのスノーボードに興味がありますか?

季節が正反対のニュージーランドではなく、アメリカでにスノーボードできるのを知っていますか?

世界でも注目されるサマーキャンプのハイカスケードサマーキャンプについて、この夏体験して来た私が紹介します!

夏だけどスノーボードできるの!?ハイカスケードキャンプはどこで?

あなたは夏のスノーボードをイメージできますか?

私はできます。なぜなら体験したことがあるから!

そして夏のスノーボードは本当に楽しんです^^

私のオススメするハイカスケードサマーキャンプ。

夏のスノーボードを体験できます。場所はアメリカのオレゴン州。Mt.Hood(マウントフッド)です。

Timber Line(ティンバーライン)Lodge&Ski area(ロッジ&スキーエリア)で滑れます。

このMt.Hoodは標高3429mであり、日本の富士山と同じくらいです。

積雪量が多く、ほぼ1年中スキー場としてオープンしています。クローズは10月の1ヶ月ぐらいなんだとか。(その年の積雪量による)

全米でも1年中滑ることができるのはここ、Mt.Hoodだけとのこと。

すごい山ですね!

そしてその山で行われる夏のスノーボードキャンプのうちの一つがハイカスケードサマーキャンプなのです。

数年前より、ハイカスケードキャンプとウィンデルスキャンプは合併し、一つキャンプとなったので、スノーボードする人もスキーをする人も同じキャンパーとして募集しています。

期間は6月半ばから8月の初めまでで、1セッションが8日間に設定されています。

私自身は7月の半ばあたりから行われるセッション4と7月最終週あたらからセッション5を経験したことがあります。

今回は7月24日から7月31日に行われたセッション5に参加して来ました。

世界からスノーボードファンが集まるハイカスケードサマーキャンプの魅力とは?

ハイカスケードサマーキャンプは2018年現在で29年続く伝統あるサマーキャンプです。

来年2019年には30周年ですね。

歴史が長く、さらに世界から有名なスノーボーダーが最高のスノーパークを求めて集まってくる、世界でも有名なサマーキャンプなのです。

なんでキャンプ?って思いますよね。

泊まるのはちゃんとロッジです。テントを張るわけではありません。

アメリカでは子どもたちは夏休み期間中に1週間ぐらい親元を離れて、アクティビティなどを楽しみ集団生活を勉強することをキャンプと呼ぶようです。

子どもたちはそれぞれ泊まりで新しいことを吸収し、大人は大人で楽しむ時間を過ごすのがアメリカや海外では普通のようです。

だから海外の夫婦はいつまでたってもラブラブなのかも!?

キャンプのアクティビティはスケートボードだったり、国立公園であったり、ハイカスケードキャンプのようにスノーボードであったり。

ハイカスケードサマーキャンプではアクティビティがスノーボードであり、スキーであるということです。

もちろんそれ以外のアクティビティも楽しめるんですよ^^

キッズキャンプのありますが、大人だけのアダルトキャンプも開催しているので大人も楽しめます。

また、親子でキャンプに参加している方もいて、午前中はコーチング、午後は一緒に滑っている方もいましたね。

そしてゲレンデの一部をキャンパーのみが滑ることができるスノーパークを作ってくれていていて、そこでスノーボード、スキーを楽しめるのです。

ゲストのプロライダーもたくさん参加しているので、すぐ近くでトップライダーの滑りを見ることができるもこのハイカスケードキャンプの良さです。

コーチはもちろん、ライダーからもアドバイスがもらえることがあります。これはとてもとても光栄なことです^^

環境が素晴らしいので世界的にもファンの多いサマーキャンプであり、魅力があるのですね。

キャンプの1セッションは8日間。その8日間がとっても濃厚で、コーチとスタッフ、そしてキャンパーの絆を強くするのです。

ハイカスケードサマーキャンプでスノーボードも人生も変わる

キッズの割合が多いのですが、大人だけで楽しめるアダルトキャンプの設定があり、今回はそちらに参加しました。

8日間のスケジュールはこちら。

1日目、ポートランド空港に到着!ハイカスケードバンでピックアップしてもらい、宿のあるガバメントキャンプへ。ディナーしながらコーチ、チームを発表。目標設定します。

2日目、3日目。最大15時までスノーボードをチーム毎にコーチのもとで楽しみます。16時半ぐらいには宿を出発して、アクティビティへ!2日目はフットゴルフ、3日目はウィンデルスでスケートボード&トランポリンを楽しみます。

4日目はお昼までスノーボード!宿に戻り着替えたらLost Lakeと呼ばれる湖へ。湖で泳いだり、カヤックにSUPに楽しみます。レイクサイドでスイカやスナックを食べながら、ビール飲んだり、フラフープしたりと楽しみます。

5日目から7日目も朝からスノーボード!コーチの教えのもと、どんどんスノーボードが楽しくなるし、うまくなります。毎日できることが増えるのでより楽しくなるのです。アクティビティは5日目、スキーボウルでアドベンチャータイム、6日目はヨガです。

そしてラストナイト7日目はゆっくりした後、ディナータイムでコーチからの総括やキャンパー一人一人に向けてコメントをもらいます。

抽選会でたくさんお土産をもらいました。

8日目はそれぞれの飛行機に時間に合わせてバンで空港へ。。

と毎日濃厚です。

もちろん朝はビュッフェ、昼ご飯は朝にサンドイッチを作って山で食べます。夜はいろんなレストランを楽しみます。

毎日毎日、楽しめるようにスケジュールが詰まっていて、1日がめちゃめちゃ濃い!!!

朝から夜まで楽しみがつまり過ぎていて、本当に濃厚な時間を過ごせます。

参加しているキャンパーもアメリカのいろんなところから集まっているのはもちろん、スイス、ドイツ、シンガポール、私たち日本などいろんな国の人が集まっていました。

そして年齢層も幅広い!

アダルトキャンプの下は21歳から(オレゴン州は21歳から飲酒等OKになります)上はなんと72歳の方まで!幅広過ぎてそれもまた面白い!

キャンプに参加することでグローバルコミュニケーションが可能なのです。

初めはよそよそしかったけど、キャンプで濃厚な時間を過ごすことで帰る頃には熱い友情が生まれます。

なお、現在はSNSが発達しているのでフェイスブックやインスタグラムでその後もコンタクトを取り合うことができます。

シンガポールの友人はこの冬に日本に来るらしく、タイミングが合えばセッションする予定です!

と、とっても濃厚な8日間を共に過ごすことでスノーボード、スキーを共通の言語とする仲間ができたのです。

これはかけがえのない宝物です!

まとめ

ハイカスケードサマーキャンプはスノーボード、スキーのキャンプであり、アメリカのオレゴン州にあるMt.Hoodで行われます。

キッズキャンプとアダルトキャンプがあり、大人から子どもまで幅広く楽しむことができます。

スノーボード、スキー以外にもアメリカンアクティビティも楽しむことができるし、仲間ができる素晴らしいところです。

海外での夏のスノーボードは魅力高く、世界各地からトッププロも集まる刺激的です。

経験すると人生変わる、と言っても過言ではないですね。

関連記事はこちら!