関西スノーボーダーさんは要チェック!関西にも楽しめるゲレンデは沢山あります。北エリアに比べるとシーズンは短くなりますが、ゲレンデに近いほどたくさんスノーボードに行けますよね。

ということで、初心者さんでも行きやすい、もしくは初心者さんを連れて行きたい関西のゲレンデをご紹介します。

関西のゲレンデのシーズンはいつからいつ頃まで?

関西には滋賀県、兵庫県、京都府にゲレンデがあります。特に滋賀県、兵庫県には多くのゲレンデがありますね。

スノーボードができるシーズンは早くて12月半ばから、長いところでは4月の1週目まで滑ることができるところもあります。

biwaba

関西でも結構滑ることが可能なんですよ。

ハイシーズンと呼ばれる、雪のよく降る時期は大体1月から2月ぐらいです。3月ぐらいからは春スノーボードです。

どのゲレンデも大阪からですと、2時間前後で行くことが可能なので、朝7時に出ても9時台には滑り出すことができます。

アクセスは車、もしくはツアーバスで行くことをおすすめします。最寄りの駅から無料送迎バスも出ているところもありますので利用されるときは必ず時間を確認しましょうね。

大阪から1時間ちょっと!びわ湖バレイはスノーボード初心者さんに嬉しい

滋賀県大津市にあるびわ湖バレイ。京都インターから40分です。

121人が乗ることが可能なロープウェイで標高1100mまで一気に登り、上部のリフトでスノーボードが可能です。上部からは琵琶湖が一望。天気のいい日は本当に綺麗です。

さらにびわ湖バレイはスノーマシンもあるため安定した積雪を誇っています。

ゲレンデには初級から中級向けのコースが多く、初心者さんのステップアップにも最適です。

キッズが思い切り楽しめるスノーランドもあり、子供から大人まで、初心者さんから上級者さんまでスノーボードを楽しむことができます。

もちろん手ぶらで来ても大丈夫!おしゃれな選べるウェアのレンタルもあり、自分の好きなウェアを纏えばよりテンションが上がって頑張れますね。レンタルで全てが揃うのでギアを持っていない人でも安心です。

またバートンスノーボードスクールがあり、スクールを利用して上達したい人にも強い味方ですね。

こちらのゲレンデ、気をつけたいのが風の強い日。予報で強風が吹くときはロープウェイが営業できないことがあるので天気予報をチェックしていきましょう。

雪質良好!ハチ・ハチ北なら2つのゲレンデでスノーボードが楽しめる

兵庫県養父市、美方郡の境にあるハチ高原ゲレンデとハチ北ゲレンデの二つが山頂で繋がっているスノーゲレンデで、最寄りのインターから30分でアクセスできます。

例えば、中国池田インターから110分のアクセスが可能と気軽に行ける距離ですね。

ハチ高原、ハチ北ゲレンデそれぞれ広く、合わせて25のコースもあり、全長4km滑走可能なコースもあり、幅広いレベルの人が楽しめるゲレンデです。しかも雪質がいいです。

初めてスノーボード、スキーする人も大丈夫です。ゲレンデ前にも周辺にもレンタルショップがあるので手ぶらでも大丈夫です。

ハチ北には初心者さんが安心して練習できるように、ネットで区切られた「はじめてエリア」が準備されています。なだらかで怖さを感じさせない斜度と、移動が楽になるようにムービングベルトがあり、体力を削ることを最小にして練習ができるのです。

初心者さんは「はじめてエリア」を卒業したら、次はファミリーゲレンデへ。こちらのリフトはスピードもゆっくりなので初めてのリフト乗車としても優しくなっています。

そう。初心者スノーボーダーさんにとっては初めてのリフトってすっごい壁だったりするのです。板を持って乗る、板を付けた状態で乗る、これ、慣れないうちは結構恐怖だし、恐怖に思うから余計こけちゃうんですよね。

ってことでリフトがゆっくりです、っていうのはかなり大きなポイントかと思いますねー。

もちろん、スクールもあるので不安が大きい方、早くうまくなりたい方はスクールでスノーボード、スキーを教えてもらうと良いですよ。

天気が良い時は山頂まで行くのをお勧めします。山頂は標高1221m。遮るものはなく360度パノラマと絶景です。天気の良い日は大山まで見えます。山に来ている、という実感の沸く瞬間ですね。

山頂からのロングランでは4km滑ることも可能です。ゆっくり滑るもよし、スピードを出すもよし(他の人にぶつからないようにもちろん注意しましょうね)、スノーボードをガッツリ楽しめますね。

最大斜度32度の上級コースからなだらかな初心者ゲレンデまで、さらにはミニスノーパークにスノーボードクルーのHYWOD (ハイウッド)がプロデュースしているTHE PARKSというスノーパークまで十二分に楽しむことが可能なゲレンデになっていますので、ぜひハチ、ハチ北へ足を運んでみましょう。

奥伊吹スキー場は積雪、雪質とも良好!初心者さんも安心!

滋賀県米原市にある奥伊吹スキー場は大阪から2時間ほど、米原インターから30分ほどの好アクセスでありながら標高が高いので降雪量も比較的多く、良質な雪に出会える確率が高いゲレンデのひとつです。ゲレンデは自然の地形を生かしたコースがあり、初心者から上級者が楽しめるコースがあります。ちびっこゲレンデもあり動く歩道も完備。初めての雪遊びも楽しむことが可能で家族で訪れても楽しいゲレンデです。

良質な積雪が望めることが多いため、パウダースノーを楽しむことが可能な非圧雪エリアのコースがあったり、最大斜度46度の最上級コースもあり上級者まで楽しむことができます。もちろん1枚バーンの斜度のゆるい初級バーンもあるためスノーボードデビューからステップアップにと最適なゲレンデです。

また、Volcomeライダーの吉野康人プロデュースのスノーパークもあり、ボックスやレール、キッカーなどレベルを問わずに多くのアイテムが設置され、楽しめるようになっています。オリンピック種目になったスロープスタイルを体感できるように1本のライディングの中でジブアイテムにジャンプに楽しめるようになっています。初心者の方も利用しやすいように工夫されているので滑れるようになたらチャレンジしてみましょう。

またセンターハウスが新しくなりきれいに、さらに使いやすくなったとのこと。女性にうれしいパウダールームも設置されています。センターハウス内にはフードコート、プロショップにお土産屋さん、スキー・スノーボードスクールの受付があり、子供たちが遊べるキッズエリアも設けられているので小さなお子様のいる家庭には嬉しいですね。

さらにゲレンデ内にラジオDJブースが誕生し、音でもゲレンデを盛り上げてくれています。もちろんリクエストもOKなので、お気に入りの曲をリクエストしてテンション上げてスノーボードできますね。

マイカーのない方は米原駅からシャトルバスも出ていますのでそちらも活用しましょう。

まとめ

関西には多くのゲレンデが存在していますが、その中からピックアップして初心者の方も楽しめるゲレンデを紹介させていただきました。ぜひ参考にして滑りに行ってもらえると嬉しいですね。積雪が安定している兵庫県、滋賀県のゲレンデに行くことをおすすめします。

1月から3月が雪も安定しているのでたくさん滑りに行って、どんどん上達しましょう!近くにお気に入りの行き着けゲレンデが見つかるとさらにナイスですよね。

関連記事はこちら!