量販店や催事会場ではスノーボードとビンディング(バインディング)がセット販売されていることもが多いですね。確かに安くて買いやすいけれど、本当にちゃんと使えるのでしょうか。

また、セットで売られているからサイズも問題ないでしょ、なんて思っていませんか?本当に自分に合った正しいサイズなのか気になりませんか?

正しいサイズを選べば上達への近道です。レンタルの際でも購入の際でも使える、正しいサイズの選び方を知りましょう。

自分の身長を参考にしよう!自分に合うスノーボードのサイズの選び方

まずはスノーボードの板の選び方から伝えましょう。

スノーボードの板のサイズを決めるには身長が重要になります。身長からある程度、スノーボードの板の長さを絞っていくのです。

色々言いますが、オーソドックスなところで

身長マイナス10cm、

スノーボードの板を身体の前に立てて鼻からあごのあたりぐらいの長さのものを選ぶ、

がオススメです。

中でも私の一押しは後者です。

初心者さんは短めの板の方が扱いやすいので、身体の前に板を立てかけてあごぐらいの長さになるものを選ぶことをオススメします。

なぜ短めのスノーボードの板をすすめるのか。

これは板の取り回しが短い方が簡単だからです。長いとテール(進行方向を前としてスノーボードの板の後ろ側を指す)が雪面に残って、引っかかるように感じやすいからです。

滑ることに慣れてくればテールの引っかかりは感じにくくなりますが、初心者のうちはスノーボードの板を滑らかに動かすことはなかなか難しいので、短い板を使用してテールの引っかかりを感じない方が扱いやすいです。

ある程度スノーボードすることに慣れてきて、スピード感のある滑りが好きな人は、板を身体の前に立てた時に鼻ぐらいになる高さにするといいですね。

スノーボードの板が長めになると、雪面に対する接地面が大きくなるので、滑走時の安定感があります。スノーボードでスピードが速くなればなるほど、長い方が安定して滑ることができます。

短い板だと、雪面に対する接地面が少なくなるため、長い板に比べると板が暴れるように感じ、スピードを出して滑走する際の安定感を長い板ほど感じることはできないでしょう。

身長以外にも体重も関わりがあるので触れておきます。

それぞれの板には一応、適応体重も設定されています。体重の設定は広めに取られていますが、もしも、自分が平均よりもかなり体重が重い、もしくは軽いときはそれに合わせて長くしたり、短くしたりする必要があります。

ガタイの良すぎる人は1サイズ長めの板を選ぶ、軽すぎる方は1サイズ短めを選ぶ、ということも知っておくといいですね。

このように滑りのスタイルや、どのぐらい滑れるかによって好みは分かれますが、極端に長すぎるボードや極端に短すぎるボードを選ばないように、選び方の基礎知識として知っておきましょう。

ちなみに「身長マイナス10cm」は女性の方が板を選ぶ際に使用することが多いようにも感じますので参考程度に。

ビンディングの選び方はスノーボードのウエストとブーツのサイズで決める!

ビンディングとはスノーボードの板に取り付ける用具で、体と板を離さないようにするスノーアイテムです。ビンディングはスノーボードではバインディングと呼ばれることが多く、略してバインとも言います。

ビンディングにももちろんサイズがあります。

だいたいS−Lのように表記されます。それぞれブーツのサイズに合わせてS−Lを選びます。

ブーツのサイズに合わせて選べばいいのですが、ブーツによってはアウターの大きさで入らない場合があるので注意が必要です。

そのため、ビンディングを選ぶ際にはブーツと合わせて選ぶことが大切です。

ブーツは最も身体にフィットするものを選ぶことをオススメします。普段の靴でも長時間履いていてしんどいものは辛いですよね。サイズが合わなければ靴擦れが起こることもあります。

スノーボードという重いものを足につけて滑るわけなので、痛くならないように、自分の身体に、足に合ったものを使うことをオススメします。

痛いとスノーボードもしっかり楽しめないのでもったいないです。正直、一番こだわって欲しいのはブーツなので、それも知っておいてくださいね。

はい。ブーツが決まればあとはビンディングと合わせます。まずはヒールカップというブーツのかかと部分を支えてくれるところとブーツが形状的に合うかどうかが大切です。

この部分がフィットしないと、ブーツとビンディングが浮いてしまうのでホールド感(固定された感じ)が得られません。そこがぴったりとなることがまず条件です。

ヒールカップが合えば次はラチェットをしめて、ブーツとビンディングが動かないように固定できるかを確認します。この際、ベルトの調整で効果的に固定することができるかを確認しましょう。

いろんな部分で調整できないビンディングは使いづらいと思ってくださいね。

ここまで出来ればブーツとビンディングの相性はバッチリです。

ではビンディングと板の相性はどうでしょう。

ビンディングのフットプレート(ブーツの底が当たる部分)が板からはみ出ていないか、が大切です。

特にトゥサイド(つま先側)が出すぎていませんか?ヒール側(かかと側)もトゥサイドもビンディングが板からはみ出ないのがベストです。

もし、足のサイズが大きくて、ビンディングも大きいものしか選べないのでしたら、スノーボード自体をウエストの広いものを選び直すことをオススメします。

スノーボードは滑る際に板をつま先側に倒したり、ヒール側に倒したりしながら、エッジを使ってターンを行います。そのため出っ張りが強すぎると、雪面にビンディングが引っかかって上手く滑ることができないので、自分のビンディングは出すぎていないかチェックしましょう。

自分でわからない場合は、スノーボードに詳しい友達か、知識のあるショップの店員さんに聞いてみましょう。

スノーボードのビンディングの選び方はサイズ感が大事ですので参考にしてくださいね。

まとめ

スノーボードの板とビンディングの選び方では、

スノーボードの板は身長に合わせて選び、迷った時は短めを選ぶこと

ビンディングはブーツとの相性によって、ホールド感が得られるものを選ぶ

ことをオススメします。

こちらの記事もおすすめです。

スノーボード初心者さんが知りたい!ビンディンングと取り付け角度の話

スノーボード初心者もわかりやすい!ビンディングの硬さ

関連記事はこちら!

    None Found