ゴールデンウィーク以降もスノーボードできるゲレンデです!

こんにちは!A子です。

スノーボードにどっぷりはまるといつでも滑りたくなってしまうもの。滑りたくて仕方なくて夏でも室内ゲレンデに行ったり、屋外オフトレ施設や、芝スノーボード、バグジャンプなどいろんなところに足を運びますね!

実はゴールデンウイーク以降も営業していて雪の上を滑ることができるところもあるので紹介しますね。

スノーボードできるゲレンデはいつまでオープンしているの?

突然ですが、このブログに来てくださった皆さんはいつまでスノーボードできると思いますか?スノーボードは冬のスポーツだから冬しかできない、と思っているのでしょうか?17353630_1046903515409299_5130796863562672374_n

photo/白川勉 Rider/松井英子

海外に行けば夏の9月まで滑れるところもあります!

そしてなんと日本でも7月に滑れるところもあるんですよ!多くのゲレンデは3月末から4月半ばでクロースしてしまうところもあります。しかし、積雪量の多いところはゴールデンウィークはもちろん、それ以降まで滑ることができるところもあるんですよ!

ゴールデンウイークまで営業しているゲレンデは結構あります。いわゆる豪雪エリアであると言えます。そのため関西や岐阜エリアでは4月半ばまでに終了するところが多いです。

ゴールデンウィークまでとなると長野ですと白馬エリア、北志賀エリア、志賀高原エリア、新潟ですとシャルマン火打や湯沢エリアですとかぐらスキー場、GALAスキー場、ハイシーズン中はクロースしている奥只見スキー場です。群馬では丸沼高原スキー場や天神平スキー場です。福島では裏磐梯猫魔スキー場も営業していますね。山形では4月に月山がオープンしますね。北海道では中山峠スキー場が有名ですね。

ゴールデンウィーク以降もスノーボードできるゲレンデはこちら

そこからさらにゴールデンウイーク以降もオープンしているゲレンデはこちらです。

志賀高原エリア、渋峠スキー場(5月末頃)

湯沢エリア、かぐらスキー場(5月最終の週末まで)

新潟、奥只見スキー場(5月2週目の週末まで)

山形、月山スキー場(7月頃まで雪の状況による)

北海道、中山峠スキー場(5月2週目頃)

リフトが動いているゲレンデはこちらになります。雪を求めて関西から山形にトリップする友人もいましたのでスノーボーダー、スキーヤーは本当に滑るのが好きなんだなーと感心です!

かくいう私もですが。

大阪から週末スノーボードに行く友人は、良い雪を求めて1シーズンで3万キロも移動するとか!さすがです。私はゲレンデサイドに住んでいることもあってシーズンでの移動は1万キロから1万5千キロぐらいでしょうか、、?普通の人から比べるとよく移動していますよね!

春になると晴天率も上がり、晴れで気持ちよくスノーボードできます。5月に入るとまるで夏のような日もあり、軽装でスノーボードを楽しむこともできます。

雪もシャバシャバになり、柔らかくなるので初心者さんやスノーボードを始めるには良いシーズンだと管理人の私は思っています!オススメのシーズンです^^

是非スノーボードしてみたい友達を誘って山に行ってくださいね♬教えるのが不安な方はスノーボードスクールを進めるといいでしょう。午前だけでも入るだけで見違えて成長します!おすすめです!

まとめ

日本でも長くスノーボードができるゲレンデがあります。ゴールデンウィーク以降もスノーボードできるんだ!と知らなかった方に伝えることができれば幸いです。

雪を使ったスポーツですが、残雪は想像よりも残ることがあり、標高の高いところにはあるのです。是非春の夏のスノーボードもお楽しみください!

関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ