スノーボーダーのオフトレに登山もオススメです!谷川岳編

毎度!

A子です。

スノーボーダーのあなたはオフトレを何かしていますか?

オフトレを考えているなんてあなたはなかなかのコアスノーボーダーですね^^

私は群馬に移住して、山が近くなったので登山を趣味かつオフトレとして楽しんでいます。

写真は冬は天神平スキー場としてオープンする、日本百名山の谷川岳です。

谷川岳は標高1900mクラスの山で、10月初旬ごろより紅葉飲み頃を迎え始めます。

谷川岳はロープウェイから山頂を目指すことも、ベースから西黒尾根を登って行くルートがあります。

西黒尾根には日本3大急登のひとつがあります。

私は行ったことないですがものすごい急な登りが続いているようです。。

下りは上級者向けですが、登りは中級者レベルでもOKとのことで足に自信のある方はチャレンジしてみてもいいですね。

 

まずはお気軽に山頂を目指したい!っていうあなたはロープウェイを使用しましょう。

ロープウェイ降り場から山頂まで、前回の登山の所用時間は登り2時間半、下り1時間半というところでした。

ちなみに下りはだいぶハイペースだったと思います。笑

初めて行かれる場合は、もう少し余裕を持ってプランニングしましょう。

谷川岳は2つの山頂を持ちます。

まるで耳みたいなのでオキの耳とトマの耳と呼ばれています。

二つの山頂を楽しみましょう。

 

山頂の手前には山小屋があり、そこでは有料トイレ(100円)と売店があります。

ビールや飲み物などが売られていますので、必要な方はそちらで買い物もできます。

あくまでも山価格ですし、物資もスタッフが担いで登っているのでありがたく買わせていただきましょう。

私は冬にもよく使うジェットボイルとコーヒーを持って山頂コーヒーを楽しむのがお気に入りです。

山にもKM4K MAGが大活躍!

 

山頂でカップラーメンを楽しむ人もいますよね。

山の上で温かいものをいただくとホッとするので、お湯やジェットボイルを持っていくのはオススメですね。

 

登山すると翌日には筋肉痛になります。

下りとか急ぐと結構、膝が笑いますw

 

下山したら帰りは温泉で筋肉をほぐしてあげましょう。

そしてアミノ酸をとって疲労回復を促進してあげましょうね。

 

登山によって得られるスノーボードのオフトレ効果は、持久力の向上、バランス力、足の筋力の向上でしょう。

特にバックカントリーをされる方にはシーズン始まっての登りが幾分かましになりますね。

かつ山をさらに好きになれるところでしょうか^^

さらには雪のない状態での山の状態もチェックできるのは、山の地形を知る上で大きな情報ですね。

山好きな方、ぜひオフの間に山を訪れてください!

 

と今回はスノーボーダーのオフトレとして谷川岳の登山を紹介させていただきました。

雪山だけでなく、夏山、秋山もいいものですので、山頂を目指すことを楽しんで登山に挑戦してみてください!

関連記事はこちら!

    None Found

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ