新潟県のかぐらスキー場オープンしました!白馬、群馬のゲレンデも!

まいど!A子です。
この2017−2018シーズンが始まっていますね。

今シーズンは寒気が早めに入り、まとまった降雪があったことから、北海道から始まり、本州も人降雪エリアのみならず天然雪でオープンしたゲレンデもちらほら。

私は11月半ばに軽井沢プリンススキー場にてシーズンインし、23日には自分のホームゲレンデでもある新潟県のかぐらスキー場を滑れました。

かぐらは毎年11月23日にオープンしているのですが、今年はすごい。

いつもは連絡通路、もしくはピスラボという人工ブラシを滑るみつまたエリアに雪があるのです!

長年、かぐらに来られている方によると11月に今のコンディションは10年ぶりだとか。

すごいですねー^^

スノーボーダー、スキーヤーには嬉しいニュース!

他、白馬もよく降っているようで1日で30−40cm積もって積雪1mを超えたところも!

白馬47ではこの週末いいところは腰パウだったとか、、、

羨ましいですね!

現在、白馬五竜、47、八方尾根がオープンしているようですよ。嬉しいですね!

北海道エリアのゲレンデは11月半ばからオープンしているところもありますね。

群馬エリアでも、片品にある丸沼高原スキー場はプレオープン中、川場村にある川場スキー場も週末プレオープンして12月1に2日からグランドオープンするとかしないとか。

このように今シーズンは早いんです!

11月29日までは暖かい予報で雪は減るかもしれませんが、11月30日の木曜日からは気温が冷え込んでいくので降雪が期待できます。

例年よりも早く雪が降っていますので根雪となり、シーズンの基盤となっていくことを願います。

どこのゲレンデもシーズン初めですので、積雪不十分な部分もあるかと思います。朝は良くても昼頃には雪が薄くなってしまう箇所も出てくる可能性があるので滑走時は注意してくださいね^^

週末はまた冷え込みますので、是非是非皆さん、スタッドレスタイヤに履き替えてゲレンデに足を運んでください!

みなさま、良いスノーボードライフを!

関連記事はこちら!

    None Found

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ